サイコロの投げ方

30代ゲイの過ゴ録

移り変わり

季節はだいぶ秋だなと思う。

秋は生まれた季節なのもあってか

非常に過ごしやすく感じる。

 

改めて自分の歳を思うと

いつの間にか今の歳になっている感じが強い。

特に30代からはやはりサイクルが早く感じる。

 

 

気付けば今や高校生のほぼ倍。

自分が高校生の時は

同級生に一目惚れしたのが強く印象に残ってる。

 

いつから同性を意識したかは明確ではないけれど、

始まりは高校時代だろうなと思う。

 

ただ、当時は憧れの面が強くて、

その後10年くらいは戸惑いの日々だった。

 

f:id:aleaiactaest:20180929220108j:plain

 

思い返すとその10年くらいは

好みのタイプはスポーツマン系だったように思う。

ただ、単に「カッコイイ」の対象であって現実味はあまりなかった。

 

戸惑いの日々を経て

付き合うことが現実味を帯びてくると

ストライクゾーンは広がっていった。

タイプと言っても色々あるが、

見た目、特に体型は当初より好みの幅が広がった。

 

きっと今もスポーツマン系のみが条件だったならば、

彼氏との出会いはなかっただろうw

それだけ僕が求めるものが変わったということ。

 

 

一目惚れした同級生は今はどうなっているだろう。

その後の生き方の蓄積で大きく変わってくるはず。

 

小学校の時にカッコイイなと思っていた子は、

その後成人して会ったときは印象が変わっていた。

よく聞く話ではあるけれど、

キレイな思い出はそのままの方がいいのだろうと思うw

 

憧れをくれてありがとう。