サイコロの投げ方

30代ゲイの過ゴ録

20200202

最初の一月が過ぎたけれど、今年はまだまだこれから。

 

と思ってはいるものの、最近、自分を自分で掴めていない。

先を見たり後ろを振り返ったり、その中で今がぼやけてしまっている。

 

うまくいかないことに色々理由をつけてみても結局は自分でどうにかするしかない。

徐々に改善はしてきたものの後回しの癖はそう簡単に抜けず、

心の声をもっと形にしなければ、また明日も同じにしてしまうだろう。

 

今を大切に、それが今の自分に必要なこと。

今日は久々に写真はナシ。

Love Or Truth

友人が恋をした。

 

彼氏が欲しい、が口癖だっただけに

良い出会いがあるといいなといつも思っていた。

 

ただ、相手はどうやらノンケのようで、

話を聞く限りでは最初から雲行きは怪しかった。

 

 

結果的に、

告白に至る前に失恋したらしい。

 

自分もノンケを好きになったことはあるが、

当時は自分のスタンスが定まっていなかったのもあって

好きという感情から先へは行かず、

自分のスタンスがはっきりしてからは

ノンケに恋をすることはなかった。

 

だから友人の話には共感できず、

ノンケに恋するのは無謀だとすら思っていた。

f:id:aleaiactaest:20191221224714j:plain

 

 

けれどよくよく考えてみると、

自分の知り合いにはノンケに恋をして

うまくいった例が案外あることに気づいた。

 

彼氏もその中の一人で、

自然な流れでそうなったそうで。

 

本当か?と疑いつつも、

それらの話は聞いていて幸せになれる。

 

 

自分がそれまで見てきた世界観からは

ノンケに恋をしてうまくいくだなんて

小説や漫画の世界の話だと思っていた。

 

けれど、事実は小説より奇なり。のとおり

現実は自分の想像を簡単に越えてくるらしい。

 

世の中捨てたもんじゃない。

 

 

 

ツケ

「いつやるか?今でしょ!

が流行ったのは2013年。

 

それとは反対で、

昔から自分の傾向としてあるのが先延ばし。

 

これまで改善できた時期もあったけれど

今を客観的に見てみて

先延ばしの癖は重症化しているように思える。

 

 

 

自分にとってのブログは

自分の思考回路を少し離れて見ることができるツールの一つ。

 

なのに、後で書けばいいや、今度読もう、また考えよう

といつもの癖が出ては考えることを後回しにしていた。

 

 

 

9月に、仕事について自分の中で落ち込むことがあった。

自分の中の問題だから当然割り切るしかなかったが、

ここ数年で一番キツイことではあった。

 

でも元を辿れば、キツかったといっても

先延ばしにしてきたツケが単純に結果として現れただけのこと。

 

その時その時の自分を大切にしてこなかったことで

自分で自分の首を絞めることになっていた。

 

 

 

重症化しているこの癖からの脱却は

簡単にはいかない。まさしく曲者。

 

けれど

あとから思えば実際は大したことではないし、

乗り越えるべき壁であることはたしか。

 

そして今こそが大事な時。

ここをものにして、視界良好でやっていきたい。

 

f:id:aleaiactaest:20191111223732j:plain