読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイコロの投げ方

30代ゲイの想いの一端

熱が出た。

 

もし彼氏が近くにいたのなら

お見舞いにきてくれただろう、

なんて考えた。

 

 

僕より少し前には彼氏も風邪をひいていた。

 

近くにいないから

物理的に何かをすることができず

少しだけ、もどかしさを感じた。

 

 

 

先日、僕らの記念日を迎えた。

 

僕が思いついた企画はなんとか結実した。

…が、反応はあっけなかった(ように感じた)。

 

 

熱が下がった。

 

そして、彼氏への熱量も今は少し落ち着いている。

…彼氏も、おんなじ感じなんだろうか。