サイコロの投げ方

30代ゲイの過ゴ録

表裏一体

慣れ、はコワい。

 

例えば、彼氏からの好意が

当たり前のものに感じてしまうと、

変化がないことに不満を感じてしまったりする。

 

変化は、

良いことももたらすが、

変化しなくてもいいこともたくさんある。

 

 

慣れ、は大切だ。

 

ブログの更新もそうだったりする。

目的にもよるが、

持続できなければ見えてこないこともある。

 

持続には

新鮮さも必要だが、

毎回の刺激は苦痛になることもある。

 

 

今の僕は

うまく「慣れ」を扱えていない。

意識して使いこなしていきたい。

冬は寒い。

寒いといえば2月。

 

だから冬といえば2月。

僕の中ではそんな認識。

 

 

 

そんな冬が彼氏は好きらしい。

僕はあまり好きではない。

 

ただ

冬を心待ちにしている様子や

スノボで楽しむ様子の彼氏を見るのは好きだから

そんな冬はにくめない。

 

 

 

それなら僕も

冬ならではの楽しみを

見つけるとしようか。

熱が出た。

 

もし彼氏が近くにいたのなら

お見舞いにきてくれただろう、

なんて考えた。

 

 

僕より少し前には彼氏も風邪をひいていた。

 

近くにいないから

物理的に何かをすることができず

少しだけ、もどかしさを感じた。

 

 

 

先日、僕らの記念日を迎えた。

 

僕が思いついた企画はなんとか結実した。

…が、反応はあっけなかった(ように感じた)。

 

 

熱が下がった。

 

そして、彼氏への熱量も今は少し落ち着いている。

…彼氏も、おんなじ感じなんだろうか。